マントカラカサタケ

筑波実験植物園で見た大きなキノコ
『ハラタケ目ハラタケ科 マントカラカサタケ』です。
マントカラカサタケ

こんなキノコがボコボコ生えていました。

裏側。
マントカラカサタケ2

キノコは裏側も大事らしいです。
種類を見分ける時にとても役立つそうですよ。

大きさ比較に私のくつを置いてみました。
マントカラカサタケ3

くつのサイズは24.5cmです。

こんなに大きくて目立つキノコなのに、最近まで学名が
無かったそうです。
このキノコは高さ50cm、カサの直径が30cmになるそうです。

私が肉眼で見た中で、一番大きなキノコでした。

コメントの投稿

Secret

いらっしゃいませ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: